記念日に最適なフォトスタジオの上手な使い方Diary

大切な思い出をその瞬間に焼きつける

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新たな家族として、生まれてきた赤ちゃんの写真を、ベビーフォトとして残すことが増えてきています。中々、可愛いその姿を、写真に納めるのは簡単なことではありませんが、フォトスタジオに依頼すれば、全て解決できます。

退屈な時間だと感じさせない工夫をすること

赤ちゃんを始め、小さな子供にとっては、じっとしていることが難しいです。中には、じっと耐えてくれる子供もいますが、大部分の子供が、集中が切れてしまいます。そうなってしまうと、じっとしてもらうえるはずもなく、下手をしたらスタジオを走り回ってしまってしまいます。

また、その傾向は、兄弟や姉妹などがいると、相乗効果のように連鎖反応を示して、一人に触発されて、もう一人も同じような行動をとってしまいます。そこで、大事になってくるのが、子供達の感心を引き付けることです。

それは、人形であったり、会話であったりもしますが、それぞれの子供達に合う手法が採用されて、撮影の流れがスムーズにいくようにしています。

世界観を流用することで一風変わった記念写真

普通の衣装で、家族写真を撮ることもできますが、普段着ないような衣装や背景設定もすることができます。技術の進歩によって、大掛かりなセットがなくても、特殊なシートの前で撮影するだけで、好きな舞台設定を選ぶことができます。

それは、実際にあった過去の歴史や創造の世界でも、実現可能となっています。それらの舞台設定に合わせて、衣装を選択することで、自分達家族だけの写真に仕上げることができます。

人気となっているのが、子供達の好きなキャラクターの世界観を流用することです。好きなキャラクターとの取って置きの一枚が撮れるので、子供達も協力的になってくれて、手間をかけずに撮影できます。

子供達が独立する際に共に旅立てるように

他には、子供達の七五三や学校の入学や卒業などの区切りに、写真を撮っていくことになります。七五三の初期の頃は、親が衣装を選んでいくことになりますが、子供達も成長と共に自分の意見を口にしていきます。これは、子供達が成長している証でもあり、それぞれの意見を取り入れて衣装を選んでいきます。

現代では、写真もデジタルで保存しておくことが多くなってきましたが、写真としてアルバムに張り、記録として残していくことも、素敵な文化です。子供達が成長して、所帯を持つ際には、渡すこともできます。

色褪せることなく、子供達へと受け継がれていき、一族の歴史としても、ずっと伝えていくことができます。

Blog Menu

最新の投稿

Archive