記念日に最適なフォトスタジオの上手な使い方Diary

百日祝いの衣装の選び方のポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃんが生まれてからは様々なイベントや儀式がありますが、その中でも早い段階に行われるのが百日祝いです。赤ちゃんの成長を祝い、今後食べるもので困らないようにと祈る大切な日であり、生後百日前後に行うことになります。

きっちり百日目という決まりがあるわけではないので、赤ちゃんの体調や、大人の都合に合わせて日にちは調節して問題はありません。百日祝いを行う際に気になるのは、衣装ではないでしょうか。洋装でも和装でも問題はなく、洋装の場合には普段着ているもので問題はありません。

食べさせる真似をさせるので、スタイは忘れないようにしておきましょう。和装の場合には、昼間には白い着物を着せることが良いとされていて、夜には色のついた着物を着せることになります。しかし一昔前とは異なり、百日祝いは家族のみで行うという家庭も増えており、衣装にはそれほど気を使う必要はありません。

参加する大人の服装にも決まりはないので、日頃着なれているものなど動きやすく負担にならないものを選んでおくべきではないでしょうか。どの程度形式に沿って行うのかにより、選ぶべき服装にも違いはあるということは、頭においておくようにしましょう。

Blog Menu

最新の投稿

Archive