記念日に最適なフォトスタジオの上手な使い方Diary

百日祝いの料理は正しく用意しましょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

百日祝いは、赤ちゃんの生誕100日を祝って行われます。食べ物に困らないように、丈夫な歯が生えるようになど、様々な願いを込めて行う儀式なので、大切なお子さんのためにきちんと準備をしてお祝いをしましょう。百日祝いを行うときは、まず祝い膳を用意します。

赤ちゃんのお食い初めは、一汁三菜が基本だと言われています。赤飯に鯛の焼き魚、煮物、お吸い物、香の物を用意するのが一般的です。無理のない範囲で手間をかけずに料理を揃えてみるとよいでしょう。また、男の赤ちゃんには赤の塗り物、女の赤ちゃんには黒い塗り物を使うと決められていますので、併せて準備をしておきましょう。

赤ちゃんに食べさせるとはいっても、実際にはまだ離乳食期なので本当に食べさせることはできません。親がお箸を使って、料理を赤ちゃんの口元まで運んで、お口に少しだけ当てて食べる真似をしましょう。ちなみに、どうしても料理の用意ができない場合は、インターネット通販を利用することで、お食い初めに必要な食材がセットで購入できます。

お食い初めの儀式のやり方はもちろんのこと、調理方法や盛り付けの例などが掲載されたパンフレットが同封されているため、百日祝いが初めてのご家族も安心です。

Blog Menu

最新の投稿

Archive